消費者金融一覧

消費者金融と借金生活

私自身、現在も多額の借金を抱えております。
思えば仕事を始めてから20数年経っておりますが借金が無かった時間はごく僅かでした。
私が借金を抱えた原因は何にでも手を付ける、簡単に利益を得ようする甘い考えがあったからです。
大学卒業して勤めた会社は大手造船重機メーカでした。
当時、借金を抱えていなかった自分は銀行系のカードローンやクレジットカードが簡単に
作れることを知ってしまい何件も作り、自分の欲を満たすようになりました。
毎月の支払を延滞なくしていたため支払実績による限度枠が徐々に増加。
更にお金を消費することをしてしまいました。
気が付けばカードローンとクレジット含め約150万の借金になってました。

 

 

お役立ちサイト
(1)お金を借りる

 

転機は大手造船重機メーカを辞め転職する時。
当時限度額が110万円あったカードローン会社から転職先会社の規模等の信用が無いことを
理由に利用出来なくなりました。
そのため次の借り入れ先として消費者金融に手を出しました。
当時は金利が28%と今では有り得ない金利でしたが身分証明証を提示するだけで
お金を借りられることもあり1社から50万円を借り、返済に充てれば良いものを
再び自分の欲に使う日々を繰り返しました。
こうなるとお金を大事する考えが全くなくなり、1社から限度額まで借りては次の消費者金融の
申し込みをして更に借りるということの繰り返し。
その結果、消費者金融からの借り入れは5社となり合計すると300万円の借金になってました。
当時は1人暮らしを始めたため家の家賃や光熱費などを引くと手持ちに残る金額は10万円程度。
借りた側への借金返済額も約10万円だったのでとても生活出来る状態ではありません。

 

そのうち一攫千金を狙うようになり競馬やパチスロをすることに。
でも結果としては更に借金を増やすことになりました
しばらくすると支払いを行わなくなり携帯電話は毎日鳴りっぱなし、会社や自宅にも
催促の電話が入ることになり転職で勤めた会社を辞め更には身内にも迷惑を掛けてしまいました。

 

今思うと自分の欲を満たすだけにお金を使っていたことを深く後悔しております。
皆さんも遊びや欲を満たすのは結構ですがあくまでも自分のお金で使うようにして下さい。
借金は自分のみならず身内や周りの人を不幸にします要因です。